えのきの再生栽培とトイレットペーパーを使った菌床栽培実験

0 0
なんだかもう実験カテゴリというよりはえのきカテゴリでいっても良い気がするけど、キノコ栽培はえのき以外もやるつもりなのでしばらくはきのこ関連は全部実験カテゴリで行きますね。うまくいくならおいおい切り離して独立していこうかと。

それはともかくえのきの切り株の再生栽培ですが、一旦収穫します。こちらが現在の様子ですね。

IMG_2940.jpg

結構にょきにょき伸びてしまって、これ以上放置するとちょっとした移動の際にあちこち折れそうだし、何より一度様子を見てみたかったというのがありまして。そこで片付けることにしたわけです。こちらが収穫ですね。

IMG_2945.jpg

量としては販売されてるえのき一束の四分の一くらいかな。香りもえのきだし、問題はなさそうに思うけど。ともかく後で食べてみるつもりです。

ここまでの感想だけど、余り手はかからなかったと思いますね。放置で収穫できることを考えれば再生栽培としては上出来じゃないかな。まぁ量が少ないのは仕方ないか。味噌汁一杯分くらいのイメージだけど、それについては菌床栽培に移行してから考えるべきかもね。

再び切り株ができたわけですが、ちょうどいいのでもう一度、というかそのまま置き直して再生栽培を継続してみます。

IMG_2946.jpg

見た感じ汚くもなってないし、行けそうな気がするけどどうかな。写真で濡れてる感じがあるのは上から液肥を垂らしたせいですね。意味があるかわからないけど、水分の補給も兼ねて入れてみました。

下に敷いたトイレットペーパーだけど、えのき菌がはびこっているという感じは無いですね。できれば菌床っぽくなってくれればと思ったけど、紙じゃ難しいのかなぁ。ヒラタケに新聞紙だと行けるという記事もどこかで見た気がするけど、トイレットペーパーを使った実験はみたこと無いんですよね。

IMG_2944.jpg



さて次の実験だけどトイレットペーパーを使ったえのきの菌床栽培に移行します。やはり清潔感は重要だし、これからの季節を考えれば新聞紙を使うより良いと思うんですが。成功すればすぐに量産体制も整うしね。まぁとにかくやってみますよ。

こちらは準備の様子です。

IMG_2941.jpg
IMG_2942.jpg

袋の中に置いたトイレットペーパー1ロールに液肥をぶっかけて濡らして、さらにその上にえのきを三本ほど置いて後は放置ですね。今はとりあえず冷蔵庫に入れてるけど、菌が伸びてくれば外に出すことも考えてます。

とりあえずこんなところですが、何気にきのこのせいで冷蔵庫が圧迫され始めてます。これ以上は増やせないかなぁ。実験が成功してくれれば少しは強気で押せるんだけど。
ページトップ